共同研究グループワークショップ

「高機能な部材を用いた新しい橋梁の開発に関する調査および研究」

−21世紀の橋梁を求めて− のご案内

 土木学会関西支部共同研究グループ「高機能な部材を用いた新しい橋梁の開発に関する調査および研究」(代表 大阪市立大学大学院 北田俊行)は,高機能な鋼部材の橋梁への適用を図るため,平成13年〜14年度の2年間,共同研究を行ってまいりました.
 この度,ワークショップを開催し,この2年間の活動のまとめとして,高機能なケーブル構造,鋼部材,橋脚構造,および接合構造などに関して報告したいと考えております.また,橋梁業界における最近の動向と題して講演を行ない,皆様と共に21世紀の橋梁の有り方について考えたいと思います.つきましては,各機関から多数ご参加頂きますよう,ご案内申し上げます.

CPDこの行事は「土木学会認定CPDプログラム」です。
主催 土木学会関西支部
日時 2003年8月25日(月)14:00〜17:00
会場 大阪市立大学文化交流センター

大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6F
TEL:06-6344-5425 FAX:06-6344-5524
JR「大阪」「北新地」駅、地下鉄「東梅田」「梅田」「西梅田」駅
定員 100名
参加費 無料
申込方法 下記へ FAX または E-MAIL にて参加希望者の氏名と所属に連絡先と電話番号を添えてお申し込みください.

株式会社綜合技術コンサルタント大阪支社橋梁設計室
村本 和之
TEL:06-6325-2925 FAX:06-6321-5114
E-MAIL:k-muramoto@sogo-eng.co.jp

プログラム
14:00〜14:05 開会挨拶
代表:大阪市立大学大学院・北田 俊行
第1部 研究会報告
司会:大阪市立大学大学院・山口 隆司
14:05〜14:10 研究会活動概要説明
大阪市立大学大学院・北田 俊行
14:10〜14:25 細径ケーブルを用いた経済的な鋼橋
神戸製鋼所・峰地 慎一
14:25〜14:40 鋼製橋脚のコスト構成の現状と新しい耐震補強法,多柱式橋脚について
ニュージェック・陵城 成樹
14:40〜14:55 高機能鋼材の橋梁への利用と設計法の研究
JIPテクノサイエンス・藤田 勝彦
明石工業高等専門学校・越智 内士
14:55〜15:10 橋梁部材の新しい接合
松尾橋梁・阪野 雅則
15:10〜15:25 21世紀橋梁に関する座談会報告
三菱重工業・秦野 啓司
15:25〜15:35 質疑応答
15:35〜15:45 休憩
第2部 橋梁業界における最近の動向
司会:摂南大学・頭井 洋
15:45〜16:05 米国における長大橋の耐震補強
阪神高速道路公団・金治 英貞
16:05〜16:25 超鉄鋼プロジェクトの現状
大阪市立大学大学院・山口 隆司
16:25〜16:45 鉄鋼関連団体と鋼構造
神戸製鋼所・杉井 謙一
16:45〜16:55 質疑応答
16:55〜17:00 閉会挨拶
福井工業大学・中井 博

(注)都合により、講師および講演順序・時間等に変更が生じた場合はあしからずご了承下さい。


支部トップページ | 担当幹事会のページ