浅層大断面トンネル工法に関する講習会

−多連石造アーチ橋に学ぶ,都市再生のためのトンネル最新技術−

 浅層大断面トンネル調査研究委員会(委員長 田村 武)では,都市部トンネルにおいて,土地利用・環境保全・交通障害回避などの理由から,非開削工法を採用せざるを得ない事例の増加に対応する目的で,大規模施設を浅層地下に構築するための設計・施工技術について2年間に渡り検討してきました.
 ここで「浅層大断面トンネル工法」とは,ルーフ形成をNATMあるいはシールドなどの複合技術を使って非開削で行う工法の総称として定義しており,浅層地下では全土被り荷重が作用しても支保規模が小さくてすむため,長期的には地山の支持効果を期待せず,構造物で支持するという工法が可能となります.また,浅層大断面トンネルに求められる設計・施工技術は,石橋にも通ずる要素が多く,軸力卓越型のアーチ形状的特性,アーチ支持部の側方拘束効果などはそのまま応用できます.特に,石橋は最後に型枠を緩めてアーチの強化を図るのに対して,トンネルはわずかに変形して応力を再配分し安定を図るものであり,石橋の施工技術が大いに参考になることに着目しています.
 講習会では,以上の概念やメカニズムを分かりやすく解説し,4方式からなる浅層大断面工法を交差点改良アンダーパス,地下鉄駅舎,地下高速道路分岐部などに適用した結果を報告するとともに,有効となる適用条件(施設,地盤,規模)を明らかにし,今後の都市再生を推進するために必要とされる最新のトンネル設計・施工技術を提案する予定にしております.奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます.

CPDこの行事は「土木学会認定CPDプログラム」です。
主催 土木学会関西支部
(担当:浅層大断面トンネル調査研究委員会)
日時 2003年6月9日(月)9:30〜16:45
会場 建設交流館8階 グリーンホール

大阪市西区立売堀2-1-2 TEL:06-6543-2551
地下鉄本町駅 22,23番出口より徒歩5分
地下鉄阿波座駅 2番出口より徒歩5分
地下鉄西大橋駅 1番出口より徒歩5分
市バス大阪駅前より 75系統 鶴町4丁目行 立売堀2丁目バス停まで約15分下車すぐ
定員 150名(申込先着順)
参加費 学生会員2,000円、正会員3,000円、非会員4,000円
申込締切日 締切日を過ぎましたが、引き続き申込を受け付けます。奮ってご参加下さい。
申込方法
  • 送金の場合: FAXにて申込書(PDF A4 24KB)を先に送付して下さい。
    • 銀行口座 UFJ銀行 船場(せんば)支店 (普)660番
    • 郵便振替口座 00910-9-82599
    • 口座名 社団法人土木学会関西支部

  • 現金書留の場合: 申込書(PDF A4 24KB)を同封して下さい。
    • 541-0055 大阪市中央区船場中央2-1-4-409  
      土木学会関西支部「浅層大断面」係  
      TEL:06-6271-6686 FAX:06-6271-6485
入金確認後、参加証をお送り致しますので当日ご持参下さい。

プログラム
9:30〜9:40 開会挨拶
土木学会関西支部支部長
9:40〜10:50 基調講演1
「浅層地下アーチ構造の力学特性と安定性評価」
京都大学・田村 武
10:50〜12:00 基調講演2
「浅層トンネル掘削時の地盤の変形と応力 −実験および解析による検討」
名古屋工業大学・中井 照夫
12:00〜13:00 昼休み
13:00〜13:30 浅層大断面トンネルとは −多連石造アーチ橋に学ぶ施工技術−
パシフィックコンサルタンツ・安田 亨
13:30〜14:00 国内外の事例と適用性 −基本となる施工法と適用条件−
鳳コンサルタント・嶋村 貞夫
14:00〜14:45 浅層大断面トンネル工法の設計手法
中央復建コンサルタンツ・小嶋 勉
14:45〜15:00 休憩
15:00〜16:15 < 浅層大断面トンネル工法の適用例 >
 連結NATM方式
鹿島建設・東尾 啓司
 柱列杭支承方式
錢高組・井田 隆久
 外殻先行方式
戸田建設・神谷 章
 大断面シールド併用方式
大豊建設・福田 正紀
16:15〜16:45 浅層大断面トンネル工法の提言と展望
地域 地盤 環境 研究所・橋本 正

(注)都合により、講師および講演順序・時間等に変更が生じた場合はあしからずご了承下さい。


支部トップページ | 担当幹事会のページ